Iwatani
TOP
発生装置
窒素ガス<N2-PSA>
酸素ガス<O2-PSA>
精製装置
空気精製装置
バイオマス・バイオガス
その他精製装置
供給装置
ガス供給装置
液化窒素用 小型運搬容器
防災設備
ガス検知器
消火設備
避難はしご
水素関連
研究機関向け
ガスアプリケーション
部門別お問い合わせ
個人情報保護について
ご利用規約
企業サイト
電力・ガスプラント部
ガスアプリケーション

食品分野における冷却・冷凍

ガスによる冷却・冷凍のご提案
外食産業の拡大、食に対するニーズの多様化、健康志向への対応によりいろいろな食材が生産、流通の過程を通り消費されています。特に安全面を中心とした、有機・無農薬などの特殊栽培されている農産物への関心、鮮魚・肉においても安全へ配慮された食材が必要となってきています。
ここではガスを利用した冷却・冷凍技術についてご紹介します。
   
【急速冷凍装置】

液体窒素(-196℃)・液化炭酸(-79℃)の冷熱を利用し、食材の品質を変化させないように急速冷凍します。冷凍食品の製造(米飯、揚げ物、ハンバーグ等)、鮮魚・食肉の冷凍等に利用されます。
食品が凍結する際、一般的に組織内部の水分が膨張し組織が破壊されてしまいますが、液体窒素や液体炭酸を利用した急速冷凍では、水の結晶が大きくなる温度帯を短時間で通過させることができます。


急速冷凍装置 急速冷凍装置
     
【液体窒素噴霧ノズル】

霧状または粒状の液体窒素により食品の表面を瞬間凍結させることで、商品の付加価値アップや、いろいろな形の商品を作り出すことができます。また、商品の急速冷却ににより、製造工程の簡素化も可能にします。

噴霧ノズルの特長
  • 朝もやのような微霧
    大気圧程度の低圧で噴霧致しますので、商品の変形、クレータの問題を防ぎます。
  • 均等な噴霧
    全域にわたる均等な噴霧が可能で、表面硬化、局所冷却に最適です。
    (用途例:ソフトクリーム・多層デザートの表面硬化、クッキーの冷却等に)
  • 多様なノズル、シンプルな構造
    用途に応じた多様なノズルをご用意しております。シンプルな構造で、 容易にノズル交換が行なえ、様々な用途に使用できます。
液体窒素噴霧ノズル ソフトクリームへの使用例
お問い合わせ・ご相談
ガスアプリケーションTOP ページトップへ