検索:
ガス設備

定置式・移動式水素ステーション、FCフォークリフト充填設備

☎ 06-7637-3263 ☎ 03-5405-5771
受付時間 9:00-17:00(月-金曜日、祝日、弊社所定の休日等を除く)
水素ステーションとは、燃料電池自動車(FCV)の燃料である水素を供給する設備です。岩谷産業は、自社で運用している水素ステーションのノウハウを活かし、お客様のニーズに合った水素ステーションのご提案をおこないます。
1.定置式水素ステーション

概要

小規模ステーションからFCバスに供給するための大規模ステーションに至るまで主要機器の選定、設計・製作、工事、メンテナンス、水素ガス供給等、ワンストップでの取組みを行っております。その結果、水素ステーション事業者、自動車メーカー、水素関連研究機関等豊富な実績を有しております。定置式水素ステーションは主に、水素を昇圧する圧縮機、水素を貯蔵する蓄圧器、FCVへの充填設備であるディスペンサーから構成されています。定置式水素ステーションのサイズは充填する車両に応じて最適な設備のご提案を致します。

特徴

・豊富な設置実績に基づき、水素の供給能力に応じて最適な設備をカスタマイズ
・水素設備だけでなく、原料となる水素ガスもご使用量に応じた供給方法のご提案が可能
・水素ガスの国内供給シェアNo.1
・建設から運用時のメンテナンスまでのトータルサポート。
・オンサイト型、オフサイト型いずれのタイプにも対応可能。

仕様

【商用水素ステーションの一例】

水素供給能力
50~300Nm3/H
蓄圧器
82MPa、200~300L/本×3~4本
充填性能
3分間で5kgの水素を充填

写真・フロー

詳細

詳しいお問い合わせはこちらまで。
2.移動式水素ステーション

概要

水素ステーションの主要構成機器である圧縮機、蓄圧器、冷凍機、制御盤、ディスペンサーユニットを1台のトラックに搭載した水素ステーションです。別置きの水素カードルを接続し、FCVへ水素を供給します。

特徴

・主要構成機器がパッケージ化されており、設置が省スペース
・原料である水素カードルを交換することでFCVに2台/hの連続運転が可能
・複数個所での運用が可能(各運用場所に電源設備が必要)

仕様

水素供給能力
100Nm3/H(FCV2台/Hの充填能力)
蓄圧器
82MPa、300L/1本、40MPa、300L/1本
充填性能
3分間で5kgの水素を充填

写真・フロー

詳細

詳しいお問い合わせはこちらまで。
3.FCフォークリフト充填設備

概要

FCフォークリフトの導入は、空港内を走行するフォークリフトをはじめ、日本各地で実証試験が始まっています。
イワタニは、FCフォークリフト向け水素充填設備の実証試験で培ったノウハウを活かし、お客様のニーズに合った充填設備のご提案をおこなっております。

設備ラインナップ

1.定置式充填装置




2.再生可能エネルギー利用水素充填装置




詳細

詳しいお問い合わせはこちらまで。